《このページの記事》 Alienware X51の不満点。 (03/19) /

Alienware X51の不満点。

現状かなり満足しているAlienware X51ですが、この一週間だけでもいろいろなトラブルがありました。ここまでのPROSに対するCONSとして書き留めておこうと思います。


■高負荷時のファンの音
デスクトップPCだから当たり前ですが、負荷のかかる作業をすると結構ファンが回ります。グラフィックよりCPUの方が回りやすい印象で、DVDをmp4にエンコードしてみたりすると、かなり早い段階で高速回転してうるさくなります。

初代PS3の負荷時よりよっぽど大きな音ですから、エンコードさせたまま寝る、とかいう場合には慣れが必要かも(まあ画質にこだわらなければ、DVD1枚5分(事前にISO化済)で変換おわりましたが)。

逆に言えばそれ以外の間、こうしてブログ記事を書いたりするレベルではほとんど気になるような音を立てません。動画を見る位なら大丈夫かも。エアコンや外の音の方が気になります。もちろんSSDで起動しているため、HDDが省電力で停止しているというのもありますが、とても静かです。


■UEFIで取り出しが管理される光学ドライブ
X51の光学ドライブはノート用の薄型スロットイン式、しかも中身むき出しため、通常の5インチベイPC用ドライブのようにドライブ本体に物理的な取り出しボタンがありません。入り口を塞ぐ弁もないので、最初は面食らいます。

このためX51のケース側ボタンから伸びるケーブルはシステムボードにつながり、そちら経由の電気的割り込みで管理されるようなのですが、インストール時、SSDに差し替えた直後はUEFI(BIOS)がドライバを読めなくなるのか、CDドライブの取り出しができなくなりました(差し込みは可能)。OSを起動して、その上から取り出し命令を送ってあげると無事飛び出してきましたが、ちょっと慌てました。

OS上でドライバをインストールしてあげると、UEFI上(電源投入後OS起動前)でも動作するようになり一安心。


■動画全画面化のブラックアウト
X51に限った問題ではないと思われるのですが、少し大きめの動画を再生した際に、全画面とウィンドウモードを切り替えるたびに画面が点滅し、3秒くらいブラックアウトする現象に遭遇しました。

かなり長い時間かけて試行錯誤しましたが、結局はNVIDIAのドライバ設定と液晶テレビとの相性のようなものだったようです。NVIDIAコントロールパネルの「デスクトップカラー設定の調整」から「3.以下の拡張設定を適用します。」セクション内、「ディスプレイに報告するコンテンツのタイプ」を「デスクトップ プログラム」もしくは「フルスクリーン ビデオ」のどちらかに設定することで回避ができました。

NVIDIAのグラフィックボードは現在再生中のメディアを自動認識して、テレビ側に報告する機能をもっています。で、テレビ側はこの割り込み指示を受けて、画面の調整を試みてブラックアウトする、のではないかと。そんなのどっちでもいいだろと、無視して固定したことで発生しなくなったので解決。


■SSDファームアップデート
Crucial M4はロットによってファームウェアに致命的なバグを持っているため、アップデートが必須です。自分のものも該当するのでアップデートをしようとしたのですが、BIOSではなくUEFIで管理されているためか、Crucial公式の起動イメージファイルからディスクを作成してもうまく起動してくれません。

これも何度か試した結果、UEFIの設定で、「Boot」タブの「Boot Mode」を「UEFI」から「Legacy」に変更することで、ディスクを起動することができました。無事アップデートも成功しています。


■役に立たないRealtek
X51に搭載されたRealtekのオーディオデバイスは、再生はともかく、マイクを繋げても全く役に立ちません。入力レベルが極端に低く、それでいてマイクブーストをかけると即ひどいノイズが入り込む。もしSkypeなんかでの通話を予定しているのであれば、最初からUSBの外付けサウンドデバイスを用意することをお勧めします。

自分はSoundBlaster X-Fi Proを購入してきました。これも入力レベルはさほど高くできませんでしたが、マイクブースト最大でもノイズを抑えられるようなので、なんとか実用で使えています。

音楽再生も基本は外付けDACなので、この内蔵デバイスは速攻無効化されました(笑)。


■カードリーダーの搭載が無い
地味だけど大きな減点材料。おかげで前回レビュー用のデジカメで撮った画像の転送が遅れた遅れた(笑)。

前面にUSB端子が2つあるので、片方にその場しのぎ的にUSBカードリーダーをつなげました。これも初期追加コストとして考えておかなきゃダメですね。


■抜けやすい電源
ACアダプターの本体側接続コネクタが、ノートPC並に、いやそれ以上に抜けやすいです。設置位置を調整しようとメタルラックをちょっと引き出しただけで抜け落ち、電源が切れました。

あくまでデスクトップなのでそう頻繁には動かさないとは思いますが、他の機器の配線を調整する際には、まずこのX51の電源を落としてから作業した方が無難です。


■共振するHDD
条件がいまいち確実ではないのですが、X51を設置した段の真上で外付けHDD(REGZA録画用)を動かしていたところ、気持ちの悪い低周波で怪音がするようになりました。外付けHDDの回転と、本体内ファン、あるいはHDDが共振を起こして発生している音かと予想されます。

対策としては外付けHDDの位置を変えるか、不要なときは電源を落としてしまうかですね。そもそも外付けHDDの中身、SamsungのHDDがうるさすぎるんだよ(笑)。ところでいろいろ試行錯誤している間に、アニメの録画に失敗して痛い目を見ましたがそれはまた別の話(笑)。


■Thinkpad トラベルキーボードの問題
そもそもThinkpad用のキーボードだから使えるだけ御の字ではあるのですが、公式のドライバではスクロール機能の動作が微妙です。具体的にはエクスプローラーの左側、ツリー表示の部分では動作するのに、右側、ファイル一覧の部分ではスクロールさせることができません。かなり頻繁に使う機能だけに残念すぎる。

ちなみに公式ドライバはVistaまで対応なので、インストーラがWindows7上で動いてくれません。でも下の階層にあるドライバ個別のインストーラは動作するので、直接そちらを叩けばとりあえず使うことはできます。そんな無理をしてまで使ってるから、こんな変な問題に出くわすんですけど。

でもトラックポイントからは離れられない・・・うじゃうじゃ。
《同じカテゴリの記事》
author:どらんく, category:PC/インターネット, 13:03
comments(4), trackbacks(0)
Comment
私も先日からX51を使用しています。
同じようにSSDに換装し、記事中のCDドライブの取り出し問題に遭遇し、困っていました。
どのドライブが必要なのか教えて下さいませんか。
歩, 2012/05/11 6:41 PM
コメントありがとうございます。

ずいぶん前のことなので記憶に薄いですが、
添付のCD中の Strage ドライバ、ODD Monitor
というものが該当すると思われます。

「Dell Optical Drive Software Eject 」
という名前でDellのサポートページからも落とせますので、URLをIEで見てみてください。
どらんく, 2012/05/11 9:19 PM
あ、URLはコメント下、名前欄のリンクから飛べると思います。
スパムよけに本文にURL書けなくしているもので(汗)。
どらんく, 2012/05/11 9:21 PM
わざわざURL張って頂いて申し訳ないです
調べてみるとこの問題は海外のフォーラムでも
話題になっていたんですね
早々の回答ありがとうございました
歩, 2012/05/12 12:45 AM









Trackback
url: http://motd.jugem.jp/trackback/531