《このページの記事》 ポータブルヘッドホンアンプ、AT-PHA31i。 (03/06) /

ポータブルヘッドホンアンプ、AT-PHA31i。

前回イヤホンをレビューしましたが、その中でちらっと出てきた品もご紹介しておきます。iPodドックコネクタ専用ヘッドホンアンプ、オーディオテクニカのAT-PHA31iです。

audio-technica iPod/i Phone専用ポータブルヘッドホンアンプ  AT-PHA31i BKaudio-technica iPod/i Phone専用ポータブルヘッドホンアンプ AT-PHA31i BK

オーディオテクニカ 2010-12-10
売り上げランキング : 1111

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


iPodはイヤホンコネクタの音質の悪さ(笑)に定評があります。なぜなのかはよくわかりませんが、シリーズ通してどうにも濁って丸まった音が出てくる傾向にあるようです。長期間聞くのには疲れなくて良いのですが、どうにも物足りない。

これをなるべく簡単に解消する方法として、ドックコネクタ側から音を出力する方法があります。こちら側は比較的まともな音が出るようで、単純にコネクタ変換のプラグのようなものでも十分変化するっていいますね。

今回は、変換ついでにさらに音質を補正する回路を積んだリモコン型アンプを購入してみました。


使用してみてまずすぐに、音が変わったことに感動。思ったより変わってるーってくらいは変化します。あとダイナミックレンジが広がるからか、全体的な音量が底上げされ、同じボリュームかなり大きな音になります。

音質は、オーディオテクニカらしい委員長タイプな音。実直でお堅くて金属的。間違いなくイヤホンジャック直繋ぎよりキレのある音が出てきます。逆に言えば艶やかさとは無縁の無骨でつまらない音。

オーテクの音に慣れているかどうかで音質そのものの評価は大きく変わりそうですが、少なくともiPodのイヤホンジャックと比較して悪くなったという人はいないんじゃないかなと。全体的に素直な音になるので、その先につなぐイヤホン・ヘッドホンの癖がそのまま出るんじゃないかと思います。


HPAの電源をドックコネクタ経由でiPod本体から取るため、電源の持ちはたしかに多少悪くなった感はあります。でも、通勤時間往復で約3時間程度、WiFiでストリーミングダウンロードしながら再生、さらに適当にゲームしたりWebを眺めたりするくらいはこなせます。毎日充電は必須になりましたが・・・これはもともとそんなもん。

一応エネループのモバイルブースターを常時かばんに入れてカバーしてます。けど、製品の仕様上、充電中はHPAの使用をあきらめざるを得ない(ドックコネクタが埋まってる)のは盲点でした。


ちなみに、iPodドックコネクタ接続のポータブルアンプの中には、出力を完全デジタルで取り出せるものもあります。この場合、機器自体の性能如何でさらなる音質向上も見込めます。実際に聞き比べてみると、AT-PHA31iが「お、良い音になったな」と思うのに対し、例えばFOSTEXのHP-P1とかだと、「え、音源録音しなおした?」ってくらい別次元。

FOSTEX ポータブルヘッドホンアンプDAC HP-P1FOSTEX ポータブルヘッドホンアンプDAC HP-P1

FOSTEX 2011-02-28
売り上げランキング : 3550

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


けど問題はその筐体の大きさと電源管理。常時持ち歩きながら、という用途にはちょっと大仰すぎです(もちろん値段も相応ですし)。iPod本体でのボリューム調整が効かなくなるというのもネック。利用シーンを鑑みて、touchの用途的には手持ちで画面を見ながらボリューム調整できた方が便利に思えるので、この辺はトレードオフですね。


AT-PHA31iは価格帯的にみてもちょっとお高いリモコンケーブルとして考えれば十分アリ。iPodの音質に不満が募ってきたら試しにとりあえず買ってみる、というような位置の商品かと。iPodとイヤホンの間に挟むだけで簡単なので、お店で視聴できる場所があれば、自分のiPod/iPhoneで一度お試しあれ。
《同じカテゴリの記事》
author:どらんく, category:音響/音楽, 23:16
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://motd.jugem.jp/trackback/528